これであなたも豚丼名人!美味しい豚丼のつくり方

ドライブインいとうの豚丼の美味しさの秘訣は、“からめ焼き”実際にお店で提供している「ドライブインいとうの豚丼」の作り方を動画で紹介お料理初心者も、忙しい人も短時間で簡単に美味しい豚丼が作れるようになります。

お店の味を完全再現!本物の豚丼名人を目指す人

用意するもの
(一人前)ドライブインいとうの十勝豚丼セット
セット用豚肉・・・100g~200g / ご飯・・・適量 / 豚丼名人・・・20ml
作り方
  1. タレを絡めやすくするために、豚肉は一口サイズにカットしましょう。

  2. 油は使わずにタレを少量(20ml)入れ、あぶく状になるまで煮立たせてください。

  3. あぶく状になったら、生肉を入れてぐるぐるとからめ焼き。

  4. タレが少なくなってもタレを追加で加えずに、お肉をこまめに動かしタレに絡めましょう。

  5. タレが少なくなったら焼き上がりの目安。あとは盛り付けて完成。

ポイント
  1. お肉を動かさないとタレが焦げ付いてきます。フライパンは動かさずに豚肉をぐるぐるとタレにからめるように焼くのがポイント!
  2. タレが絡むとお肉の色がわかりにくくなりついつい焼きすぎてしまいます。タレは少量入れて、追加で入れないのが柔らかく焼くためのポイント!
家庭用フライパン(テフロン加工)と市販の豚肉でも、“からめ焼き”の基本は一緒
市販の豚バラ肉を使用する際も、“からめ焼き”のポイントは一緒!
豚肉は一口大にカットし、少量のタレでぐるぐると“からめ焼き”
ただし、豚バラ肉はロース肉もよりも薄いので、タレはもっと少なく(15mlが目安)使用し、からめ焼くとお肉が柔らかく仕上がります。
からめ焼きの秘密
からめ焼きで柔らかくお肉が焼きあがる秘密は、
下からくるフライパンの熱と、
上からかかるぐつぐつと煮立ったタレの熱による豚肉の両面焼きのおかげ。
秘伝のタレ“豚丼名人”は“からめ焼き”で
より一層美味しくなるように日々研究しています。

よくある失敗

  • 分量による失敗
    タレが多すぎ
    結果:肉が固くなってしまいます。

    タレを多く入れすぎると、グツグツと煮込んだ料理になり肉が固くなってしまいます。
    味も濃くなるのでせっかくの豚肉の旨みが台無しに。タレは少量で大丈夫です。

  • 分量による失敗
    まとめて作りすぎ
    結果:肉が固くなってしまいます。

    一度に大人数分作ろうとして、お肉とタレをまとめて入れすぎると、豚肉に火が通るのが遅くなり肉が硬くなります。一度に作る豚丼は2人前がベスト!

  • 手順による失敗
    油をひいて肉を焼く
    結果:豚肉の旨みが台無しに。

    油をひいてしまうと仕上がりが油っぽくなり、タレの風味と豚肉の旨みが台無しに。豚肉から出る脂だけで十分美味しく仕上がります。

からめ焼きが美味しさの秘訣。十勝豚丼こだわりのたれ 豚丼名人 からめ焼きが美味しさの秘訣。十勝豚丼こだわりのたれ 豚丼名人
購入はこちらから
Copyright (C) Butadonmeijin All Rights Reserved. 豚丼名人 タレの購入はこちらから