豚丼名人の秘密

十勝から北海道、そして全国へ。

今から30数年前、「豚丼の原点である蒲焼のたれを基本に、もっと美味しい豚丼のたれは出来ないものか」伊藤社長元来の食道楽の血が騒ぎ、試行錯誤を繰り返しながら、数年後についに究極のたれが完成しました。それが「豚丼名人」なのです。蒲焼のたれの基本をベースに、独自の製法で作りあげた「豚丼名人」は甘過ぎず、辛過ぎず。丼の中の白いご飯とからまるときの味のバランスを最優先に考えて作りました。
肉を焼くための余分な油は使わず、その肉汁と肉脂をからめて焼き上げます。生姜とニンニクがたっぷりと入っているのに臭みがなく、身体にやさしいたれとして十勝をはじめ全国のお客様に愛され続けています。

からめ焼きが美味しさの秘訣。

がんこ親父の秘伝のたれ「豚丼名人」を使った豚丼は、フライパンにたれを少量入れて豚肉をからめて焼くだけです。油を敷く必要がないため、余分な油を使わず、ヘルシーに味わえるのも人気の秘密です。
豚丼のたれ「豚丼名人」でじっくりとからめながら焼き上げることで、肉厚でジューシーな豚肉にニンニク、生姜がたっぷりと入った甘辛のたれが良くなじみます。道産米のふっくらご飯との相性は抜群です。

「豚丼名人」と「からまる味な名人」の名前の由来

平成15年北海道経済部主催「売れる商品づくり」に豚丼のたれを応募し200食あまりの試食会はおかげさまで大盛況。
試食会のアンケート結果やプロの料理人、専門家からのアドバイスを受け念願のたれの販売を決心。一本は「豚丼名人」とし、もう一本は、どんな食材にもからめて使えるたれであることを強調するために「からまる味な名人」とネーミングしました。
※「豚丼名人」と「からまる味な名人」の中身は一緒です。

原点は家庭料理

「十勝では家庭料理としても親しまれている豚丼ですが、外食産業の低価格化や核家族化、一人暮らし世帯の増加が進み、家族が一緒になってご飯を食べる機会が少なくなってきました。簡単に作れることで少しでも自宅で豚丼を食べる機会を増やし、家族の会話が増えるきっかけを提供できれば」伊藤社長の豚丼へのこだわりの最終目標は、まさに家族の団らんでした。
このたれを使えば、小学生でも簡単に豚丼を作れます。醤油ベースのたれは、いろいろな料理にも活用できます。「これからは気軽に作れる家庭料理のレシピも提案していきたいですね」家庭料理の原点を忘れず、これからも多くの人に喜ばれる美味しさを追い求めていきます。

からめ焼きが美味しさの秘訣。十勝豚丼こだわりのたれ 豚丼名人 からめ焼きが美味しさの秘訣。十勝豚丼こだわりのたれ 豚丼名人
購入はこちらから
Copyright (C) Butadonmeijin All Rights Reserved. 豚丼名人 タレの購入はこちらから